上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えりちど


1週間くらい前の話ですがFLOWERS夏篇クリアしました。
一言で言うと最高です。

↓以下ネタバレにならない程度の感想まとめ

春篇はあの真EDが賛否両論でしたが、今作は公式ブログで原画担当の方が言及している通り、
紛れも無くハッピーエンドです!安心してプレイできます!

前作同様、CGとBGMが素晴らしい。chaleurは名曲。
演出もパワーアップしています。

EDの数が前作より多く、おまけのシナリオもあるので、ボリュームがあります。

ドラマCDの破壊力が凄い。
これも公式ブログで言及していますが、電車の中で聴くもんじゃあない。

ドラマCDあっての夏篇だと思っているので、気になっている方は初回版を購入したほうが良いですよ。
シリーズ物だからと完結してから買おうというのは遅い!
前作の初回限定盤は某通販サイトで2倍近くの値段に高騰してるので・・
お財布事情が厳しい方は夏篇だけ買っても特に問題はないかと思います。
えりか&千鳥の物語は一つの百合ものとしても楽しめますし。
ただ春篇をプレイしたほうがより楽しめるかな。春篇はPC、Vita版が出ていますが、
きら☆ふわな某百合ゲー(別売)と合わせてプレイできるVita版を購入するのをおすすめします!

FLOWERS春篇の紹介はこちら

↓ネタバレがあるようなないような感想は追記で
主人公はえりか様・・・DT全開な前作の蘇芳さんと違い、常識人っぽいので安心(?)
してプレイできるはず・・・
と思ったら大間違い。彼女もとんだDTでした
おまけに人の胸を見ては欲情するおっぱい星人だし、蘇芳さん以上かもしれません・・
・あなた委員長のこと笑ってられないよ・・・

対するヒロインの千鳥さん。テンプレ的なツンデレキャラ・・・なのですが、
ツーーーーーンとしているのは序盤だけで、割りと早い段階でデレ始めます。
そして何かと嫉妬深い。本編でもドラマCDでも蘇芳さんやダリア先生に嫉妬しては
えりかに甘い言葉(本人にはその自覚がないんだけど)を言われデレ・・・の繰り返し。
とにかく可愛い。

前作の主人公蘇芳さんは今作でも大活躍でしたね。
クリア後のおまけに蘇芳視点の話が設けられているなんて、夏篇での影の主人公でしょう。
周囲からのビジュアル評価はもはや神の領域(笑)。
今作の彼女はとにかく積極的で、行動力が凄い。碧身のフックマンの件とかね。

前作で可哀想な扱いだった委員長こと六花さんは、今作ではえりかに「同類」と煽られたりはしていた
ものの、終始「良い人キャラ」に収まっていた気がします。
個人的には前作みたいな暴走を期待していたのですが(笑)
蘇芳さんへの想いがまだ残っていそうなのが切ない・・・
是非完結までには何かしらの形で報われてほしいものです。

そして!今作のサブヒロイン(多分)のダリア先生!
いや~彼女メインヒロインだったらR-18になってましたね(笑)
前作でも怪しさ満点でしたが、今作の彼女の存在感は凄いです。主にえりかさん視点のせいだと思うけど。
なんと個別EDがあります。これは予想外でした。私の予想では前作の立花さんポジになるのは蘇芳さんだと
思っていたのに!でもこのダリア先生EDが佳いんですよ、決してハッピーエンドではないんだけど後味の悪い
ってことはなくてスッキリするEDだっと思います。

ドラマCD・・・甘い、とにかく甘い
本編でちょっと物足りなかったイチャイチャ成分を見事に補ってくれる内容でした
欲を言えば絵付きで!本編でこれを見たかったけど!
それにしてもこのえりかさんと千鳥さん、Cまで進んでそうである

以上、夏篇の感想でした!次回作、1年後に出るといいな・・・


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。